<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

9月が終わります。

というより、10月になります、と言った方が前向きかしら。

今月もこれといった成果はないかもしれないけど、8月よりは充実したものになったように思います。10月はまいた種の刈り取りができれば。。。

明日はバイトの軽い顔合わせみたいなので顔を出しに行ってきます。
[PR]
by danwa | 2010-09-30 21:50 | 思った

うちの王子様が…!

王子様こと、ふくちゃんが来年のカレンダーに載りました!!!いぇーーーーい!!
a0008599_23475260.jpg

「うさぎめくり」という小さなカレンダーです。おそらくもう書店で絶賛発売中!!!
ふくちゃんが家に来てから家の中のカレンダーはほとんどうさぎのカレンダーになって、それに毎年写真募集のページがあったのです。おととしはうつ真っ最中でそんな余裕もやる気もなく見送り。去年は大分具合も良くなってきたけど、写真を写しに行く気力がなく、、、今年の締め切りぎりぎりになってやっと送ったのです。

芝生が生えた広いお庭のあるお家に住んでいるアッパークラスのうささん風に写っていますが、あれは近所の公園の前のベンチで撮影しました。赤いベスト(ちゃんちゃんこと呼んでいる)がポイント。どこのうささんもそうだと思うんだけど、可愛く見える角度っていうのがあって、そのストライクゾーンが狭い狭い…ふくちゃんも慣れない外だし、そわそわしてじっとしてないし、なかなか可愛く写すのが難しかったです。

やったね、ふくちゃん、世間に認められたイケメン!
[PR]
by danwa | 2010-09-28 23:52 | 思った

アルバイトが決まった

日曜日の求人広告に入っていたアルバイト応募に今日、電話をしてみました。今日面接になって、夕方に行ってきました。近所なので自転車で。

そしたら、その場で採用になりました。びっくり。

仕事はウェブ上のペットショップサイトの制作、運営。近所にそのお店の実店舗があって、その片隅でちょこちょこ、という仕事場みたいです。なのでトリミングに来たワンちゃんとか見れるので楽しみ。

初めはパン屋さんとかでバイトをしようかと思っていたけど、今後就職するにあたって、リハビリも兼ねて以前の仕事のような内容に自分を慣らしておきたい気持もあったし、そんなに詳しくないウェブもバイトという立場であれば気軽に勉強できるかな、と思ったのです。それになにしろ近所っていうのが魅力!自転車で7分位だから!!!!!

就職活動であまりいい結果が続いていないので、今回の事でまだ自分を活かせる場所はあるんだな、と自信になった。でもこれはあくまでもリハビリ。ここはゴールじゃない。諦めないで納得いくまで就職活動するんだ。
[PR]
by danwa | 2010-09-27 22:45 | 行った

最近食べたもの

すっかり涼しくなって、というか寒くなってしまって、今年は過ごしやすい秋はないまま冬に突入してしまうのでしょうか。今週は外に出る機会が多かったので、色んなものを食べました。

22日はずっと家にこもりがちだったので、一人でぶらぶらしてきました。今年最後の猛暑日と聞いていたので、「おっ、志むらのかき氷を食べ納めだ!」と目白まで行って参りました。すべてこの「生いちご」かき氷を食べるためにこのお店は5回くらい来ている。来るたびに今日は他のかき氷を食べてみようと思うんだけど、やっぱり生いちごを注文しちゃうんだよなー。画像の通り巨大!全長25cmはあるでしょうか、全部食べ終わる頃にはがくがく震えてしまう程芯から冷えきってしまいます。この芸術的な盛りつけをぜひご覧あれ。
a0008599_21435315.jpg


23日は店長さんと「トイレット」っていう映画を見に行った。邦画はあんまり見ないし興味がわかないのでどうかなーと思いながら見に行ったんだけど、なかなか面白かったです。引きこもりの弟が登場するんだけど、ある日突然お裁縫にめざめてスカートを縫うんだよね、何枚も。なんか前の自分と重なってさー。私も休職したときほとんど毎日、朝から晩までバックを縫ってたからね。
京橋の100%チョコレートカフェでチョコレートドリンクを飲んだ。こういう温かい物美味しい季節になりました。
a0008599_21434862.jpg


24日は晩ご飯に近所のホワイト餃子を食べに行った。ホワイト餃子ってしってる?ウィキにも項目がある有名餃子なんよ。皮が厚めでぱりぱりして具がいっぱい。ちょっと他の餃子とは違うんだ。これが私好物でね〜〜、お持ち帰りするよりやっぱり店で焼いてもらってすぐ食べた方が美味しい。
a0008599_21435135.jpg


季節は秋っぽくないけど、食欲の秋は到来しているみたいだ…
[PR]
by danwa | 2010-09-25 22:08 | 食べた

9月11日 帰国

また来たい
あっというまに帰国の日になりました。まだ日の上がらない真っ暗の中、ボーズマン空港へ。昨日、12日が私の誕生日だと話をしたらスティーブさんからハックルベリーチョコレートの誕生日プレゼントを頂きました。うれしい!!
a0008599_13243340.jpg

甘酸っぱくておいしいです


スティーブさんに別れを告げてボーズマン空港を後にしました。。。


旅を終えて
見た事のない風景、光、闇、風…沢山の思い出がありすぎて言葉にまとめるのは難しい。どの場所も甲乙つけがたく、どこもスペシャル。それこそ「プライスレス」な感動ばかり。今回スティーブさんという心強いガイドさんと一緒にまわれた事で、ただ「観光」するだけではなく、生態系や生物学、アメリカの歴史や文化、本当に沢山の事を教えてもらいました。そいういう知識をもって見る風景はまた違って見えていたのだと思います。アメリカ、と聞くとニューヨークやロスを思い浮かべるけど、一度は国立公園に足を運んでいただきたい!とくにイエローストーン!

準備期間約1年、多くの人の協力のお陰でこんな素晴らしい旅が出来た事、感謝します。スティーブさんと旅が出来て本当によかったです。本当にどうもありがとうございました!

YGA(リニューアル!)
アズトラベル

☆おまけ☆

オレの土産…これかよ…(すごく不機嫌)

[PR]
by danwa | 2010-09-24 13:27 | 行った

9月10日 見学最終日

私のブログ
アメリカに着いた日、スティーブさんに「今もブログは続けていますか?」と聞かれた。私は「ええ、続けてますよ」と気軽に答えたけど、…???私ブログ書いてる事言ったっけ???改めて聞いてみたら、2月に東京駅で会った時の日記をたまたま検索したら見つけて、記事の内容と写真からこれは私に違いない!と確信したそうです。実生活で会う人にこのブログの存在は話してないからさ…すごく恥ずかしかった。。。なのでこの旅行記も読んでるかもしれない。ね、スティーブさん!!!!!

朝からロウワーガイザーベイスンを見学したあとに、1時間程ハイキングをしました。どこでもそうですが、車道から少し入っただけでもう森。小川が流れる絵のような森です。ここでも様々な発見があります。


川の中から木の化石!!


クマの爪痕



クマよけスプレー。クマに直接スプレーします


ウェストイエローストーンへ
ウェストエントランスから公園の外へ。これでイエローストーンともさようならです。エントランスを出るとウェストイエローストーンという街があります。ここから公園に入る事をお勧めしている旅行本が多いけど、スティーブさん曰く、この側にあるウェストイエローストーン空港は冬になると閉鎖されるのでボーズマン空港を利用する方をお勧めするとのこと。

ここで軽くランチをかねたフリータイム。の前に、「Death in Yellwstone」という本を買いに行くため、街の本屋さんに行きました。そのなの通り、イエローストーンで命を落とした人の話をまとめた本。スティーブさんがすごくおもしろい本だと話をしてくれたので是非読みたいと思ったのです。熊にアタックされた人、間欠泉で亡くなった人、などなど。ちなみにベストセラーになっているそうです!またもランチはサラダバーを食べ、街をしばし散策。。。車道がとても広くて(冬の積雪に備えて広い)観光の街にしてはとても落ち着いた静かな街という印象でした。
a0008599_1210034.jpg

墓石が表紙…


スティーブさんお気に入りの本屋。店内ぎっしり本だらけ!


ボーズマンに戻る
いよいよ明日の帰国を前にして空港のあるボーズマンに戻ってきた。宿泊はコンフォート・イン。このホテル、大手2大スーパーの駐車場の中にあるので、車がなくてもスーパーに行きたい時に行けるし、しかも飲食店も周りに多いのでとても便利。といっても駐車場と言ってもとてつもなく広いので、徒歩で何往復もするのは疲れてしまいます。

スーパーは楽しい
一度行ってみたかったウォールマート!!!!!食料品はもちろん、レジャー用品から拳銃まで何でも売っているまさに「スーパー」マーケット。ここも広い。。。軽自動車走れるくらい通路が広い!これ欲しい、と思ったら迷わずカートに入れておかないとまた戻るのがえらい面倒。
a0008599_12501375.jpg

ウォールマートに

a0008599_1250357.jpg

庶民的なKマート


ドレッシング、パンケーキミックス、グラノーラ、スパイスなどなど。サラダを主に食べていたので色んなドレッシングを食べる機会があって、そのなかでも「Ranch」というドレッシングが好みだったので、買ってみました。日本では食べた事のない味。白くてトロンとした白い液体で緑のネギ?っぽいものが入っている。シーザーサラダドレッシングとはちょっと違うし、何が入ってるんだろうと調べてみたらサワークリーム、バタークリーム、マヨネーズが主原料のようです。これも脂肪がたっぷりだから美味しいんだ…(汗)
a0008599_125789.jpg

a0008599_1341475.jpg


バッファローウィング
夜ご飯はApplebee'sというお店で食べました。老若男女、お客さんが沢山でした。最後の晩ご飯だしやっぱりバッファローでしょーーということでボーンレスバッファローウィングを注文したのだけど、食べたらお肉が白い。あれ?白身のお肉だっけ?まそいういうのもあるのか(んなわけない)と深く考えずに食べました。後で調べたらバッファローウィングというのは鶏肉をホットソースで味付けしたアメリカ料理のことなんですって!!!!知らんかった!!!

右奥がバッファローウィング


明日は4時起きです

[PR]
by danwa | 2010-09-24 13:05 | 行った

9月9日 ガイザーウオッチング

昨晩の教訓
昨日、手始めにGrand Geyser(グランドガイザー)を見にいった。19時前後の噴出予定だったので17時頃から前のベンチに腰掛けてずーっと待ち続けていました。途中で寒くなりホテルまで服を取りに行ったり(往復40分くらいかかるんだから!)してしたのだけど、18時、19時、20時…待っても待っても出ない。こちらは19時過ぎてもまだ薄暗いけど、間欠泉はもちろんライトアップなどしないわけで、さすがに20時過ぎると真っ暗。これじゃあ噴出したってみえないわ…と、20時30分過ぎに断念して帰りました。3時間寒い中待ったけどもう無理でした。

タイミングよく
昨日の出来事をスティーブさんに報告しつつ、朝から車でミッドウエイガイザーベイスンとロワーガイザーベイスンを見学。ロワーガイザーベイスンで丁度グレートファウンテンガイザーが噴出しているのが見えました!写真では雰囲気が伝わりづらいけど、実際は音と吹き上げる温水のしぶきですごい迫力です。噴水的な「シャーーーッ」という音ではなく「どどどどーーっ」という水ではないような音がします。側で見ると圧巻です。
a0008599_82915100.jpg

Great Fountain Geyser


ミクロの世界
現在のDNA鑑定をする際に必要なバクテリアが1982年に側にあるOctopus Spring(タコ温泉!)で発見されたそうで、それまでの検査より時間が短縮され、検査精度がかなり向上したそうです。ちなみにそのバクテリアはここだけではなく、日本の温泉にもいるそうです。

地球上の生物を分類すると、細胞(人間はここに含まれる)とバクテリアの2種類に分類されていたのだけど、ここで新たに第3の生命「Archaea」アケアが発見されたそうです。地球上の生物が1つ増えた!温泉ってまだまだ未知の可能性があって生命の宝庫なのかもしれない。

アメリカの宝オールドフェイスフルイン
お昼ご飯はサンドイッチを買ってオールドフェイスフルインのロビーで食べました。屋根の傾斜がそのまま内部の天井になっていて素材はほとんど木。薄暗い照明が木のぬくもりをより温かく見せているようです。この建物はアメリカ人がとても大切に思っている建物だそうで、1988年9月の大規模な山火事のとき(公園の約40%が焼失)、すぐ側まで来た火から建物を守る為に上空から滝のように何日も水をかけ続けて建物を守ったそうです。そしてその様子がDVDになって販売されているそうですよ。この大規模な山火事をきっかけに火事に対する様々な管理についての決まり事を整理しはじめたのだそうです。

堂々とした佇まい

a0008599_835160.jpg


今度こそ!
午後は再度ガイザーウオッチング。昨日見られなかったグランドガイザーを見る計画を立て、防寒対策をして挑みました。
グランドガイザーの噴出予定時間は15時40分。14時過ぎからベンチに座ってみはっていると15時過ぎに噴出し始めました。ここも勢いがすごいです。そして音!世界で最も熱水吹き上げの高い間欠泉だけあって地中から「どかーーーんっどどどどどーーーっ」とものすごい迫力の音が響き渡ります。観客のみなさんも「おおおおお!!」と拍手喝采。しばらくして噴出が止まったと思ったらまた2回目の噴射。さらに高い位置まで温水が吹き上がりました。また拍手喝采。温水が吹き上がるだけで拍手が出てしまうんです。それだけ圧倒される間欠泉です。予想よりはやく噴出したのでリバーサイドガイザーに間に合います。
a0008599_9501484.jpg

勢いが伝わらない写真ですが…


とても寒い
この日は天気が悪く、途中から雨が降り出して気温がぐっと下がっておそらく8℃前後。寒い。スティーブさんが貸してくれた水筒に入れた温かいコーヒーが何倍も美味しく感じます。次のお目当てのリバーサイドガイザーは17時15分。その名の通り、川沿いにあります。周囲の間欠泉を回って再度待機。。。

雨もやまずに寒い。。。途中で帰ってしまおうかと思う程寒い。2時間近く待って17時30分過ぎに噴出。「どどどどどどーーーっ!」寒空の中2時間近く待って見たかいがありました。天気のいい日だと青空に映えてもっときれいに見えるだろうな。
待つのは苦ではないけど気温対策が必要。待機用に主要間欠泉の周りにはベンチが用意されています。みんなここに座ってとにかく待つのです。

a0008599_842847.jpg

悪天候で色がいまいち…


この日は歩き回ってヘトヘトになりました。オールドフェイスフルロッジのカフェテリアでまたサラダと野菜のパイを食べました。食事中にオールドフェイスフルガイザーが噴出しはじめて、建物の大きな窓から眺める事ができました。

Old Faithful Snow Lodge


webcam
ウェブカムで間欠泉が見られます。ウェブカメラが取り付けられた木の前に立って、「ここから手を振って日本にいる家族にウェブカムのホームページを見てもらうとおもしろいですね」とスティーブさんと話をしたりしました。

Old Faithful Geyser Live!—Video WebCam
[PR]
by danwa | 2010-09-21 08:55

9月8日 グランドティトンから再度イエローストーンへ

手がかぶれました
イエローストーンを見学してから右手が何か薬草にぶれたのか表面に赤いぷつぷつが出来てしまいました。痛くも痒くもないのでほおっておいたら、おばあちゃんのようなしわしわかさかさの手になってしまいました。湿気の多い日本から急に乾燥した土地に来たせいか、体中が乾燥してかさかさになって唇が何を塗ってもひび割れて困ってしまいました。
食べたい物が沢山あるのにお腹がいつもいっぱいで、ステーキとかウィンナーとか食べたいのにヨーグルトとかサラダとか軽い物しか食べられず。。。

記念に写真撮影しました


ブラックベアーに遭遇!
ジャクソンレイクロッジを出てイエローストーンに向かう途中で初めてブラックベアーに遭遇しました。お母さん熊と子供の熊の2匹で山に生えるハックルベリーの実を食事中の所でした。結構近くで見られたのだけど、見る事に夢中で写真撮るのを忘れた。。クマの大好物は松ぼっくり。今年はその松ぼっくりが少なくなって影響が心配されているらしい。ハックルベリーを食べて乗り切って欲しい。。。すごく小さなこの実、クマはなんと一日に20万個食べるのだそう!一日中食事する感じなのでしょうか。

これがハックルベリー



人間による被害
お土産屋さんに行くとハックルベリーを使ったジャムやチョコレートが販売されているのを良く見るのだけど、山菜採りのようにキロいくらで売ると結構いい収入になるそうで、人間の乱獲によってクマのえさが減ってしまい影響が出てしまわないように別の場所で栽培できるようにする研究がされているそうです。ハックルベリーの実、小さいけどうま味の詰まった甘酸っぱい美味しい実でした。

健康そうに見えるイエローストーンの大自然も実は温暖化によって大ダメージをうけているのだそうで、冬が昔より温かくなった為にいつもなら寒さによって死滅していた虫や病気が死なずに生き延びてしまい、ほとんどの木々は何かしら病気を持っている。こちらの緑は何となく目に鮮やかな緑というよりはくすんだ緑にみえるのは全部病気だからだそう。
公園内の池の底に沈む泥を採取すると、その中には今まで積もった様々な花粉が検出される。そのサンプルを調べると約8000年の間にどんな植物が生まれ、どんな事が起きたのか色々な事が分かるそうですが、検査結果によるとこんなに沢山の病気が一度に蔓延しているのは今までに一度もないのだそうです。温暖化の被害…全部人間のせいだ。

豊かに見える自然も大ダメージを受け続けいています


近年中に木々が死滅するであろうと予想されている地域もあったりその被害は莫大で景観が損なわれるのはもちろんだけど、動物への影響が心配されています。クマの毛を分析すると過去2年間に何を食べたのか全て分かるそうで、なんと構成されるタンパク質の93%は絶滅する松の松ぼっくりと同じ成分だったのだ!どうしよう、クマのご飯がなくなってしまう…

この五葉松の松ぼっくりがとても大切


お昼ご飯はチキンサンド


再びイエローストーンへ
今度は左下部分にあるOld Faithful(オールドフェイスフル)という地域にやってきました。旅行雑誌などで見る地中から勢いよく吹き出しているあの間欠泉地域です。到着後アッパーガイザーベイスンを少しだけ散歩をしました。散策途中に一番有名なオールドフェイスフルガイザーが噴出しました!一気に地上40M位?どどーーーーーっと太い水の柱ができました。…圧巻。これを見ている間にとても珍しい間欠泉が兆候を見せ始めました。Beehive geyser=「蜂の巣間欠泉」。噴出時間が予測できない見ると「レア」な間欠泉。手前にある穴から噴出し始めると後ろの穴からどーーーっと出るという手順なのだけど、これが不発に終わる場合が多いようで、スティーブさんも一度しか見た事がないそう。この日も手前の「予報穴」からしゅぼーっと出始めたのですが、不発でした。
a0008599_21314087.jpg

Beehive geyser


How to Geyser Watching
しゅぼーーーっと地中から温泉が吹き出る間欠泉。人間が操作しているわけではないのでそれぞれの間欠泉によって噴出時間も回数も違いますが、ある程度の予測時間を知る事ができます。ビジターセンターに行くとこんなテレビ画面があります。
a0008599_21313729.jpg


間欠泉名と予定噴出時刻がかいてあります。時刻の横に(±◯hours)と書いてありますが、これは予定時刻前後◯時間、噴出する場合があります、という意味。つまり5時30分予定の±1時間であれば4時30分から6時30分の2時間に噴出しますよ、ということ。
このようにチェックしてからお目当ての間欠泉を見る計画を立ててからいざ出陣、です。ただぐるぐる歩いていているよりも効率的に見る事ができます。
a0008599_21345539.jpg

ビジターセンター


素敵なホテルばかりです
今回のホテルはオールドフェイスフルスノーロッジ。新しいホテルでとても快適です。部屋もかわいらしくて、戻ってくるとほっとするような温かいインテリア。建物の隣にはスーパーがあったりして立地もいいのではないかと思います。この日の晩ご飯はスーパーで買ったサラダで済ませました。サラダだけといってもこっちのサラダはコンビニに売ってる冷やし中華くらいの大きさの容器にたっぷり入っています。

窓際にベンチがあったりしてかわいいです

[PR]
by danwa | 2010-09-19 21:53

9月7日 グランドティトン見学

デジカメが壊れる
なにを撮っても真っ白に写る。露出を調節する部分が壊れてしまったのかもしれない。このデジカメ気に入っていたんだけど。わざわざ旅先で壊れなくてもいいのに…

青い景色
グランドティトンではJakson Lake Lodge(ジャクソンレイクロッジ)というロッジに泊まりました。今回の旅の中で一番贅沢なビューコテージ!!!何がすごいってビューコテージっていうだけあって部屋からの眺めが素晴らしい!窓が大きな一枚ガラス。景色は額に入った絵のようです。インテリアがとても可愛い。

ここからも野生動物が見えます(見えなかったけど)

a0008599_81084.jpg


a0008599_8134.jpg

泊まったロッジはメインロッジから徒歩で10分くらい。広いんです


ここのメインロッジのロビーにある大窓から見えるティトン山脈がとても有名です。ロビーから外に出るとゆっくりとコーヒーを飲んで景色を楽しむ人や、アニマルウォッチングをする人、散歩を楽しむ人、のんびりとした時間が過ぎていきます。



ここに来た実感
この日は朝からシーニックランチフローティング。ゴムボートでスネイクリバーを約3時間かけて下って行きます。そのあとでバーベキューランチができる予定だったのですが、寒すぎた為(!!)ランチは中止となってしまいました。実は馬に乗って景色を楽しみつつ、行った先で温かいコーヒーを飲みましょうというツアーを見つけたので参加したいと相談したら、乗馬未経験者では難しいし、川から眺める景色が最高ということでこちらを予約してもらったのです。

このボートに乗ります


天気はとてもいいのだけど、寒い!スティーブさんにジャケットを貸してもらって参加したけど寒い!川からの風は冷たい…でも景色が本当に素晴らしい!車から見える景色も素晴らしいけど、川面から見る景色は目線が違うからなのか、別世界。大自然に包まれる感覚というのか、「あぁ、私本当にここにいるんだーーーっ!」という実感が湧いてきました。

a0008599_810467.jpg


野生動物が次々に顔を出します。

白頭ワシ


キツネ


レイヨー


???


この船頭さん、ずーっと休む事なくしゃべり続けます。ほとんどわからない。。。景色を楽しませてくれ。。。途中で「では自己紹介をしましょう」と予想外の事を突然言いだし、焦った私は「日本から来た◯◯です…イエローストーンは初めてです…」と蚊の鳴くような小さな声で無難な自己紹介をして乗り切りました。船頭さんに異常に褒めちぎられたのが印象的でした。ってここはイエローストーンじゃないしっ!!

それが仕事なんっすけど


Signal Mountain Lodge(シグナルマウンテンロッジ)で食事のあと、ティトン山脈を様々なポイントから眺めました。寒さの影響で山には雪が積もっています。とてもきれい…

a0008599_8194883.jpg

Mt. Moran(モラン山)


ジェニーレイクへ行く途中で見つけた珍しい花。Pine Drops(パインドロップス)。葉がありません。木に寄生して養分をもらっています。



ジェニーレイクに到着。澄んだ湖を前にした山々はまた違った美しい姿を見せてくれます。


望遠鏡で山頂に登山者が見えた!(けど写っていない)

a0008599_8262584.jpg

a0008599_8291053.jpg

山頂にいる人を数えてとても盛り上がりました。

山火事の効果
途中で山火事を見ました。ぼうぼうと煙が立っています。後でスティーブさんが調べた所、故意に起こした山火事だったそう。この一体の山にとって山火事はとても大切なイベント。焼け野原は見た目にも痛々しいけど、一帯に多く生える「ロッジポールパイン」という松の木の松ぼっくりは、季節がくれば自然に落ちるものと、何年も落ちないものがあり、後者は熱によってはじけておちるのだ。つまり山火事によって弾け飛び、焼け野原に新たな生命を生み出す役目があるのだ。初めから山火事を計算して種を作っているということ。また燃える事で森が混雑するのが防げ、焦げた木々は肥料となって新しい命の生長を助ける。山火事は健全な生態系を維持する重要なイベントなのです。ちなみに一年間の山火事の回数。日本では年間5千回、アメリカでは年間11万回!原因は日本は一位が「タバコの不始末」アメリカ一位は「落雷」だそうです。

自然に起こった山火事についても人に危険な地域まで広がるなど特別な場合を除いて、積極的な消火活動はせずに自然に鎮火するのを待つそうです。

燃えてる!!


Chapel of the Transfiguration(トランスフィギュレーション礼拝堂)
大草原の中にぽつんと木で出来た教会がありました。観光用ではなく今でも実際に使われている教会。中の祭壇の後ろにはこれまた大きな窓があってグランドティトンがどーんと収まっております。ため息が出るほど美しかったのだけど、教会の中では写真は写してはいけないと昔教えられたので外観だけ。。。ここのステンドグラスもとても素敵だった。



景色も食事の一部
この日の晩ご飯はロッジのミュールルームで。窓側の席を予約してもらいました。ちょうど夕暮れ時できれいな夕陽を眺めながら美味しい食事を食べました。アメリカはどちらかというとしょっぱかったり脂っこい食事が多いけど、ここは控えめな物が多く満足しました。デザートのラズベリーシャーベットが本当に美味しかった。。。

ヘラジカのバターに


ヘラジカのキャンドル


一日があっという間に過ぎていきます…

[PR]
by danwa | 2010-09-17 08:45

9月6日 イエローストーン 2日目→グランドティトン国立公園へ

スーパー8っていいね
スーパー8ガーディナーにはフロントに毎朝簡単な食事が用意されています。パン、ミニマフィン、コーヒー、ジュース、シリアル、牛乳など。こういう気軽な朝食もいいものですね。
前夜、周辺にクマが現れたそうで、外出する時は気をつけてね〜という趣旨の張り紙が出入り口にはってあった。そのしたには「クマがキスをした」というマークが。残念ながらそのクマにはあえませんでした。

Super 8 Gardiner
702 Scott Sr. West Hwy 89/PO Box 739 Gardiner, MT 59030-0739

ガラスにキスマーク



マンモスホットスプリングへ
この日はマンモスホットスプリングエリアのTerrace Mountain(テラスマウンテン)に行った。Terrace=段丘、段々畑という意味の通り、地中から吹き上げられた温泉に含まれている炭酸カルシウムが溶けて→冷えて→固まる(結晶になる)を繰り返して出来た段々畑のような場所。

大体こういう結晶が蓄積されて大きな塊になるのは、鍾乳洞を例にすると何百年に数センチというとてつもない歳月をかけて少しずつ出来上がる物だけど、ここは何と1年に1m、3年間で今の状態に成長したそう。それだけ炭酸カルシウムが固まりやすい条件(気温、気候、濃度、噴出量など)がそろっているというわけだ。このテラスの側にも生まれたばかりの赤ちゃんみたいなのがあって、周辺は常に衰退と成長を繰り返すテラスでいっぱい。

この形、面白い。人間には作り出せない形、色



観光客の問題
ここも観光名所の一つで大型バスが朝から沢山到着していた。この場所に限らず、立ち入り禁止の場所に平気でずかずか入っている人を何人か見た。残念ながらみんなアジア人。アメリカの国立公園は遊歩道のように木道はあるものの、柵をしている場所を見なかった。だから入ろうと思えば簡単に入れるんだよね。景観を守る意味や野生動物保護の意味があるのだろうけど、何があってもあなたの責任ですよ(だから覚悟の出来ない人はこないでください)というような、本人の意志・モラルにゆだねますという考え方が強いのだと思う。そこらへんの認識の違いや甘さがこういう事態を引き起こしているのかなぁ〜と思った。

ま、いくら本人のモラルにゆだねます、といっても、見つかれば警察に捕まります。この日も捕まって事情聴取されておりました。同じアジアの人間としてとても残念。でも普通にみてもなによりも「危険」だと思うんだけど!土地はいつも活動しているわけで、いつどこがシュワーッと熱くなって吹き上げてくるか分からないんだから!地獄谷の中を手探りで歩いているようなものです。


温泉について
「温泉」と聞くとすぐ「入湯」と思い浮かべるけど、イエローストーンには自然保護のため温泉施設はありませが、公園内に2カ所だけ「露天風呂」があります。川の中に…
露天風呂と言っても適温に保たれるようになっているわけではなく、熱水が川に流れ込んでくる場所で、自分で適温の場所を探す、という実に原始的なもの。なので「冷っ!あ、熱っ!冷っ!」というおもしろい状態になるそうです。入る時はもちろん水着着用で!

こんな雄大な景色が続きます



まだまだ見学は続きます
Upper Falls アッパー滝。落差33m。水がうねって吸い込まれそうです。
a0008599_1143687.jpg



Lower Falls ロワー滝。 落差94m。アッパー滝の何十倍もすごい。滝というよりはなんか地球の割れ目から水が流れ落ちているというような、規模が桁違い!
a0008599_1142450.jpg



昼ご飯はキャニオンビレッジでチリビーンズ。撤退したウェンディーズの味を思い出しました。



クマのベッド
その後は「クマの巣」の観察へ。冬眠中の寝床です。車道から徒歩で森へ入ること約20分、そこに巣がありました。
a0008599_1142633.jpg

一歩道から外れるともう森です


クマの巣!


もう動物はいなかったので、中にこっそり入らせてもらった。案外中は広くて、食べ残しやフンはなくきれいでした。そして一番奥には寝床らしいクマの体に合わせたようなくぼみのある場所があった。冬眠にはとても居心地の良さそうな場所だった。クマの冬眠はとても浅く半分目が覚めているような状態で、反対にネズミの冬眠はとても深く、眠っているネズミをキャッチボールしても目覚めないほど深いそうだ。そして冬眠中は一度もトイレにいかないそうです!

花もまだ少し咲いています



バイソンが側を通った
グランドティトンに向かう途中でバイソンに遭遇しました。側で見ると本当に大きくて足音や鼻息を直に聞いてとても興奮した!




突然のアクシデント
これからいよいよ第2の国立公園、グランドティトンへ!…の前に実は「John D. Rockefeller, Jr. Memorial Parkway」別の国立公園を通過します。なので今回の旅は3つの公園を訪れたことになります。

a0008599_11161563.jpg

この写真を最後に私のデジカメが壊れました…



美しいジャクソン湖の側を通って本日の宿泊地ジャクソンレイクロッジへ

明日に続く。
[PR]
by danwa | 2010-09-16 11:27 | 行った


半径2m以内の出来事日記。


by danwa

プロフィールを見る
画像一覧

自己紹介

2007年7月より「抑うつ」になりました。2009年3月に「抑うつ神経症」に病名変更。2009年11月に「神経症」になりました(うつは治まったらしいです)。2010年8月を最後に通院終了。今後は予防療法を模索して行こうと思っています。

こよなく愛するモノ:エレクトーン、グレープフルーツ、ふくちゃん(一緒に住んでるうさぎ)、バート・バカラック、ビリー・ジョエル、80〜90年代洋楽。

訪問させてもらっているブログ:
Someday
Blueberry Yogurt Parfait

カテゴリ

全体
思った
見た
食べた
行った
だらだら
エレクトーン
買い物
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧