<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

我が家に定額給付金がやってくる

家に「定額給付金のお知らせ」が郵送されてきた。

私は年配の方々だけに配られる物だと思っていたけど、
どうやら、私にもいただけるらしい。65歳以上と18歳以下は一人2万円、それ以外は1万2千円。
というわけで、我が家には計5万2千円が父親の口座に振り込まれる。

この問題に関しては色々物議が醸し出されている。
麻生総理の国民に対するごますりだ、とか、どうせ税金なんだ、とかとか。
最近はテレビをほとんど見ないので、細かい事はよく分からないのだけど、
私もこのお金の使い方については「?」だ。

郵送物の中には添え状があって、
その一文に「国民の不安を解消する為に給付します」みたいなことが書かれてあって、
私はますます「??」な気分になった。
正直、1万2千円もらったって、今の日本政治に対する不安なんて消えないし、
日本の未来に明るい希望を見いだすのも難しい。

よく言われている事ですが、何兆円というお金をばらまくのであれば、
もっと他に必要としている人の為に有意義に使う事は考えられないのだろうか。
職を失って日々をなんとか生き抜いている人、介護を必要としている人、
これからの日本をしょってたつ子供達、難病に苦しむ人、
探せばいくらでもあるはずだ。
何度も言うけど、やっぱりこのお金の使い方はおかしい。理由が浅い。

…なんて事を私が言ったところでどうにもなるものでもないので、
いただける物はありがたくいただき、大切に、有意義に、無駄のないように使わせてもらおう。

家族で使い道の会議をした。
家ではとりあえず、母親に全部預ける、ということになった。
そしたら、母親は、1万円は治療費として私にくれた。
さて、あとの残りはどうしよう、ということになって、
色々意見しあった。父は高級ステーキが食べたい、といい、
母は、貧乏性だから思い浮かばない、といい、
私は、思いつきで「大きな甘いイチゴが食べたい」と言った。
そしたら、父も母も「それはいい!!」と食いついてくれて、
使い道が一つ決まってしまった。

家の近所に大型スーパーがあって、その一角が果物屋さん。
そこで扱っている果物は普段なら素通りしてしまうような、ちょっと高級な果物ばかり扱っている。
どうやらそこでイチゴを買ってくれるらしい。
いつも食べているイチゴは2パック3、400円位のものだけど、
給付金のお陰で何千円単位のイチゴが食べれる。生まれて初めてかも。
でも、これって有意義に使えてるのかな。大切に使っていることになるのかな。

それ以外の使い道はまだ決まっていない。

ちなみに給付金、辞退する事もできるそうです。
なんだかんだ言っても、もらえる物はもらっときます(笑)
病院やらカウンセリングやら、色々物入りなもので…

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-30 22:14 | 思った

昨日のレセプションパーティー

仲良しの洋服屋さんの店長さんから、レセプションパーティーの招待状をもらった。
内容はオランダ、日本のテキスタイルデザイナーの作品展示&販売。
デザイナーさんを招いての内々なパーティー。

病気になってからそういうにぎやかな所にいくのは苦手だし、おっくう。
だけど、テキスタイルにはすごく興味があった。
大好きなオランダからはるばるやってくる作品達にも興味があったし、
私は今回参加しているsporken words projectというブランドがとても好きなのだ。
運良く次の日は休み。ということで、友達2人誘って行く事にした。

私がお店に到着すると、お店がかわいくパーティー使用にアレンジされていた。
もうすでにお客さんが何人もいた。
店長さんに「来たよ〜〜」ってあいさつしたら、
笑顔で「よかったねぇ〜〜!これたねぇ〜〜」と迎えてくれた。うれしかった。

お店の庭には、私の好きなカフェのケータリングフードが用意されていて、それをぱくぱく。
それから店内のテキスタイルを物色。本当にそれぞれ個性的で洗練されていて、
ただの布のプリントなのに、これだけパワーがあるものなのか、と思わせるほど、どれも力強かった。

19時から突然店内で小さなコンサートがはじまった。
ななななな、なんとクラムボンのイクコちゃんが来てるではありませんか!
このお店によく衣装を買いに来たりするそうだ。この日もsporkenのワンピースを着ていた。
超間近で体育座りをして演奏に聞き入った。
一曲目から私は涙してしまった。なんか心に響いたのだ。生演奏というのもあるのかもしれないけど。

音楽家ってすごい。
なんであんな素敵なメロディーが浮かんでくるんだろう?
なんであんなきゅんとくる歌詞が書けるのだろう?
伝えたい事、考えている事がどんな形であれ、表現できるって素晴らしいなぁと思った。

1時間程でコンサートは終了して、そのあと服を見た。
すごく久しぶり。5ヶ月ぶりくらいになってしまうだろうか。
元気な時は1ヶ月に1回は通っていたのに(苦笑)
やっぱりこのお店は楽しい。刺激される服が沢山ある。
絶対今日は買わないぞっ!と決めていたのに、、、
sprkenのパンツと、サッカーボール型のバックを買ってしまった。
まぁ、服を買いたいなんて思ったの、久しぶりだし、いいか。
久々に、仲の良い友達に会い、いい音楽を聞き、きれいな物を沢山見て、気分が高揚した。
わくわくした。

帰りは友達とさらっとお豆腐料理を食べてバイバイした。

昨日は夜寝たのが遅かったにも関わらず、気分がいい。
いい休日になりそう。



a0008599_10512394.jpga0008599_10553665.jpg


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-29 10:58 | 行った

あきらめてしまえば

うつを治す事。

仕事に行く事。

結婚する事。

家庭を持つ事。

笑顔になる事。

全部、あきらめてしまえば、手放してしまえば、

楽になる。

もう、このままでもいいか、私。

このまま朽ち果てていくのもありか。

自分が思い描いていた人生とは違う人生になりそうだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-26 22:06 | 思った

週末に久々の外出。

昨日は雨で一日中家にこもりっぱなし。
だらだらとネットをしたり、昼寝をしたり、エレクトーンを弾いたり。

今日は一転、朝から青空。
両親がふくちゃんのおもちゃを買いにホームセンターに行こう、と誘ってくれた。
本当はあんまり乗る気がしなかったのだけど、
そのホームセンターには興味があったので行ってみる事にした。

家から車で30分位の所にある。
超大型ホームセンター。ちょっとテンションあがる。

花が見たい、という母を置いて、私はうさぎ用品売り場に直行。
これだけ大きければ色んな物が置いてあるだろうとわくわく。
予想通り、沢山のうさぎ用品が!
買ってあげたい物は沢山あるのだけれども、
ふくちゃんはすごく臆病&食わず嫌いなので、なかなか買うのが難しい。
3人で、これはどうかな?いや、それは体に悪いから、
あぁ、これだったら食べるも、あ、これは喜びそう、とかいいながら
結局、今までよく遊んでいた乾燥まつぼっくりと、乾燥アルファルファを圧縮させた物を買った。

その後で、昼ご飯を食べに食堂に行った。
この食堂、なかなかおもしろい。
全部セルフサービスで、お盆に食べたい物をどんどん乗せていって、
最後にお会計をする。品数がすごく豊富で、手作りの味がしてどれもおいしい。
しかも安い!5品選んでも5、600円位ですむ。
久々にお腹いっぱい食べる事が出来た。

家に帰って早速ふくちゃんにお土産をプレゼントしたら…
見事に玉砕。何一つ興味を持ってくれず、あごで押しのけられた。。。(涙)
アルファルファにいたっては、ぐいぐいと自分の小屋から外に押しのけた。。。
こいつめーーーーーーーー!!!!!
まぁ、かわいいからしょうがないか。

あぁ、今週末は外務員試験の勉強をしようと思っていたけど、
結局しなかったなぁ。。。
あーー、気が重い。。。。。

眠い、とりあえず、昼寝だ。
おやすみなさい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-26 17:06 | 行った

そういえば。。。

ちょっと前のニュースでやっていたので、知っている人もいるかもしれないけれども、
youtubeの閲覧回数1位?だったか、とにかくすごい回数閲覧された動画。
弟君が兄の指を「あむっ」っと噛まれた後、今度は兄が自ら自分の指を弟君の口に入れてみると、、、
何とも微笑ましい動画。





この動画の人気が伺える。
こんな面白い物を作っちゃった人がいる。
「50年後の2人」




ちなみに、今は3人兄弟になっているみたい。


[PR]
by danwa | 2009-04-25 15:44 | だらだら

猫はがっかりするとこうなる。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-25 11:44 | だらだら

良くなる為のちょっとの努力

よく鬱の人に、がんばれ、とか、努力、という言葉はよくない、と言われている。
実際そうだと思います。頑張って、無理していっぱいいっぱいになってなる病気だから。

私もずっと頑張るとか努力とかを避けて来た。

でも、それでも鬱は私の元から立ち去ってくれなかった。
ずっと頭にしがみついている。ほんとうにしつこいやつだ。

親や同じ鬱をもつ友達と話していて、気付いた事があった。
鬱は薬と休養で治るものだと思っていたけど、私の場合は違った。
それならば、ちょっとアプローチを変えてみないと、と。

それは、自分が治る為のちょっとした「無理のない努力」。

全ての鬱の人に当てはまるとは思っていない、あくまでも私の場合。
治る為に、めんどくさい事もあるかもしれないけど、少し行動に出てみよう、です。

私の無理のない努力はこれ。

1 病院を変えた。
2 電話カウンセリングを始めた。
3 エレクトーンを始めた。

電話カウンセリングの事は今までブログに書いていなかったけど、いずれ詳しく。

どの効果かは分からない。今週は調子がいいのだ。
会社でふうふう言っていたちょっと前の自分とは少し違う。
でもまだ自信がない。ひょっとしたら明日はまた落ちているかもしれないから。

この調子の良さで浮かれちゃダメ。
現状維持が大切。無理はしない。生活は今まで通り。
飛行機に例えるなら、操縦桿を自分からうぃーんと上昇するようには運転しない。
いい風が吹いて来て、上昇気流に乗れそうだったら、それに乗ってみる。そんな感じ。

なんか、自分の中の何かが少し動いた感じがする。
今までは「回復」という言葉とは反対側に向かって立っていた自分が、
まわれ右をしたような。

少しずつ、少しずつ、です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-23 22:16 | 思った

雨にぬれても

昨日は夕方から雨が降った。

会社が終わって外に出ると、ぱらぱらと雨が降っていた。

私は雨の中を傘をささずに歩くのが好き。
さすがにどしゃ降りの時は使うけど、
ぱらぱらとした雨くらいだったらそのまま歩く。
ぱらぱら、という定義は人によって様々だけど、
私にとってのぱらぱらは人に言わせると、かなりな雨らしい。
服が濡れぬれても、バックが濡れても全然平気。
道を行く傘さす人が「あらあら」って顔してみられても全然気にしない。

霧雨くらいならなおさらささない。
顔に細かいシャワーのように当たる雨が気持がいいと感じる。

ほんの少しの雨でも結構みんな傘をさしている。
一回、ささないで歩いてみればいいのになぁ〜と思う。

今日の日記のタイトルはバート・バカラックの名曲。
「明日に向かって撃て」の中で使われた挿入歌。
あまりにも有名ですね。

この曲は知っていてもバート・バカラックを知っている人は案外少ない。
私の中で一番尊敬し、愛して止まない作曲家の一人。
去年の2月、来日した時にコンサートに一人で行った。
1曲目の演奏から私はぽろぽろと泣いてしまったのを覚えている。
弱っていた心にじんわりと優しく染み渡るピアノの音。

先日、雨にぬれてもを聴いていて、日本語訳を読んだら、すごく良かった。
こんな歌詞だったんだー、と。今の私を応援してくれているような。
いつかその日本語訳を紹介します。



youtubeでさがしていたら、もう解散しちゃったけど、大好きなベンフォールズファイブが
カバーしてるのがあった。途中にちらっ、ちらっ、とでる白髪のおじいちゃまがバート・バカラック。すごく素敵。やっぱり立ってピアノ弾いてる、ふふふ。あー、再結成しないかなー。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-22 22:29 | 思った

会社の掃除のおばさんのこと。

前にも書いたけど、会社が入っているビルに掃除のおばさんがいる。
何人かいるんだけど、2人だけ顔なじみになった人がいる。
ひとりは眼鏡をかけていてすごくぶっきらぼうなおばさん。でも多分いい人。
もうひとりは笑顔が素敵でいつも私の事を「マシュマロちゃん」と呼ぶ(恥ずかしー)

先週、仕事中にどうしてもいられなくなって、とりあえず、職場をでた。
一人になりたい。。。休みたい。。。さてどこにいこう。。。
ビルの一番上まで行ってみた。屋上に出れてあまり人がこなさそうだったから。

上まで行くと、屋上に出る扉には「出入り禁止」の張り紙がしてあった。
あー、だめかー。
でも、一番上の階はオフィスもなくて静かだったので、しばらくそこにうずくまっていた。

そしたら扉の向こうから声がして来た。
あれ、出入り禁止なはずなのに、誰か来る。。。。
扉の向こうから来たのは、ぶっきらぼうおばさんとマシュマロおばさんだった。

ぶ「あら、あんた、どうしたのよ、こんなところで」
マ「具合悪いの?顔色がよくないよ、熱があるんじゃないの?」
私「たまに調子が悪くなるんですよ。。。」
ぶ「調子悪いんだったら帰してもらいな、体に悪いよ」
私「でも、まだ仕事あるんですよ。」
私「そうだ、このビルの中で人がこない所ありませんか?」
ぶ「この場所はあまりこないけど、機械室があるから、その管理のおじさんがくるんだよ」
マ「そうだ、お姉ちゃん(マシュマロおばさんはぶっきらぼうおばさんの事をお姉ちゃんと呼んでいるらしい)、あっちの階段はどう?」
ぶ「あぁ、あそこだったらいいかもね。。。」
ぶ「こっちだよ、来な」

おばさん達の後についていくと、長い廊下の先に扉があって、そこを開けると薄暗い階段があった。いつも使っている階段とは別にもう一つこのビルには階段があった。

ぶ「ここだったら、使うのは私たちだけだし、大丈夫だよ。もうちょっと下に下がるといすがあるからそこにすわってるといいよ」
私「助かります、ありがとうございました」

おばさん達は薄暗い階段を下がって消えていった。

私はしばらくそこに座り込んでうずくまっていた。
空気がひんやりとして、薄暗くとても静かだったので、気持が落ち着いて来て少し楽になった。
私はまた職場に戻った。

おばさんたちのやさしさに触れて、ほっこりとした気持になって
なんとかその日はやり過ごした。

おばさん、ありがとう。
また使わしてもらうかもしれないけど、
このことは内緒にしていてください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-18 22:52 | 思った

先生に会って来た。

前通っていたクリニックの先生とお茶をして来た。

先生は前のクリニックを3月末で退社し、4月は休養。5月からまた違う病院で働くそうだ。
最後の診察に行った時にたっぷりと話をしてくれて、その時に「4月にでもお茶しようか」
と言ってくれたのを私が覚えていたので、先生にメールをして誘ってみたのだ。

丁度私の会社からの帰り道に先生は住んでいるので、途中下車をして先生と待ち合わせをした。

先生はいろいろ話してくれた。先生のご両親の事、ご家族の事、これからの自分の生き方などなど。
やっぱり、お医者さんってすごいなー、と思った。

私の近状報告をした。先生は私の仕事の事を心配してくれていて、「最近どう?」と聞いて来た。
私は「もう、逃げちゃいたい。。。」と言った。
今はデジレルのお陰で少し楽になったけど、やっぱり家にいたい気持はあるし、
それに今、私は「外務員試験」というのを受けなくてはいけなくて、
その勉強もしなければならなくて、全然興味ない事なのに、頭に入ってこない、とか。

先生は、「低空飛行でもいい、現状維持よ。絶対会社やめちゃダメ。辞めるとしたら寿退社か、
もっと条件のいい会社が見つかってからにしたほうがいいわよ。」と言った。
本当に不況で先生の知り合いの人でもパートすら見つからないのだそうだ。
だから、あなたは本当にラッキーなのよ、と。

それに、外務員試験を受けるのだって、会社側としては、この先も私に働いてもらいたいから
資格をとってもらおうとしてるのよ、もっと自信を持ちなさいよ、と。

本当はもっとしゃべっていたかったけど、7時でさよならした。

先生、ありがとう。もうちょと元気になったら先生の所に行きます。

あー、デジレルが効いて来た。。。
もうろうとするーーー
寝ます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-17 23:27 | 行った


半径2m以内の出来事日記。


by danwa

プロフィールを見る
画像一覧

自己紹介

2007年7月より「抑うつ」になりました。2009年3月に「抑うつ神経症」に病名変更。2009年11月に「神経症」になりました(うつは治まったらしいです)。2010年8月を最後に通院終了。今後は予防療法を模索して行こうと思っています。

こよなく愛するモノ:エレクトーン、グレープフルーツ、ふくちゃん(一緒に住んでるうさぎ)、バート・バカラック、ビリー・ジョエル、80〜90年代洋楽。

訪問させてもらっているブログ:
Someday
Blueberry Yogurt Parfait

カテゴリ

全体
思った
見た
食べた
行った
だらだら
エレクトーン
買い物
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧