カテゴリ:行った( 146 )

うさフェスタ2010

念願のうさフェスタに行ってきました!去年このイベントの存在を知った時にはもう終わっていたので、「来年こそは絶対行く!」と1年越し。やっと行ってきました。

お昼ぐらいに駅に着いたら、もう既に会場を後にする人と通りすがったりして、みんな結構大きな荷物(牧草かな?)を手に帰っていました。わくわく度が高まります。会場に着くと、人が沢山!そしてうさんぽする飼い主さんとうささんがいたりして、なごやかぁ〜な雰囲気。

肝心のふくちゃんは遠出に慣れていないし外に出るとおトイレをがまんしちゃうので、長時間はかわいそうかなぁ、と今日は不参加。
a0008599_0231080.jpg

会場はフードやケージのメーカーブース、うさぎをモチーフにした作家さんのブース、うさぎのしっぽ主催のウサギ用品の物販コーナー、ラビットショーコーナーとバラエティ豊かな内容。
今日はふくちゃんのちゃんちゃんこを買ったお店、うさぎの休日さんのブースにハーネス着用写真を送ったうささんはその写真が掲載されているというので、見に行ってきました。
a0008599_0231185.jpg

写真ありましたよ〜〜!こういうのってすごくうれしいですねぇ!店員さんに「うちのふくちゃんです!」と話しかけたら、お待ちしていました!と写真を使用したオリジナルストラップをプレゼントしてくれました!!!超うれしーー!送った2枚の写真が裏と表に2種類とも入っているという心のこもった物です。
a0008599_0244072.jpg

ホームページに登場する看板うささん、ちゃ太郎ちゃんに挨拶してきました。目がくりっくりで超かわいい!営業帰りでちょっとお疲れだったのかな。
a0008599_023652.jpg

お店の方と新作ハーネスやイベントについて色々話をしました。ウェブでメールのやり取りだけだった人と実際にお会いしてお話できるのはとても楽しい。逆にこういう出会いの方が感動するのかしら?
a0008599_0221018.jpg

2時間くらい見てから、同じビルの地下にあるレストランでハンバーグを食べてきました。あまり外でハンバーグ食べないんだけど、美味しかった!

帰りがけに横浜駅で途中下車してユザワヤに寄ってまた色々手芸用品を買い込んで帰りました。
ほんわかして癒された1日でした。横浜って遠いなーー!
[PR]
by danwa | 2010-11-27 23:30 | 行った

浅草橋にいってきました。

仕事を辞めてから、ビーズを使ったアクセサリーを作っていて、その材料を買いにいきました。

ほとんどはインターネットで買っているんだけど、どうしても実物を見て比較して買いたい物があるのです。今日買ったのは淡水パール、Tピン、丸ペンチ、ワイヤー。パールはワイヤーなどを通す穴が小さい物が多いので、Tピンが入る大きさかどうか確認する為に行きました。たまたま入ったお店に穴が1mmあるパールがあったのですぐ購入。パールは石などに比べてもろいのであまり大きな穴のものはないそうです。

さすがに休日だけあって人が多かったけど、客層が違うのか、殺気立ったような人はいないのでとても心地よい人並みでした。クリスマスよりもう門松とかのお正月用飾りが沢山売っていてもう「師走」って感じ。

2、3時間ぐるぐるお店をまわった後に遅めの昼ご飯を「パヤオ」というタイ料理屋さんで食べました。よく考えてみると私は外で一人ランチする時は案外タイ料理を食べているような気がする…
5種類くらいあるランチの中から「バミヘン」という(ジミヘンみたい)汁なしラーメンを食べました。初めて見たメニューだったけど、これが美味しい!細めの黄色い麺(ビーフンではないです)にもやし、ねぎ、チャーシュー、ナッツ、ひき肉などがトッピングされていて、どんぶりの底にあるたれとよくまぜまぜしてから食べます。味は辛みはなくて、甘い。テーブルにあるナンプラーとかお酢をお好みでかけて自分好みにして食べても美味しい。

大きめのどんぶりにたっぷり入っているのでお腹いっぱい。これにスープとデザートがついて750円は安いなーー!今度浅草橋に来たらまたこのお店でランチをしよう★
[PR]
by danwa | 2010-11-20 21:38 | 行った

仕事してきたぜっ

今日も9時30分から18時まで仕事してきました。

やっぱりほぼ2年間のブランクは少しはあるようで、思った物が形に出来なかったり、えらい時間がかかったりしていたけど、少しずつ感覚が戻ってきて、おもしろい、と思う気持が強くなってきました。
ウェブは小さなイラストやスパイス的なが画像が案外必要で、ネットでフリー画像を探したりしているんだけど、海外のサイトで「これは使える!」っていうのをみつけました。

以下自分メモ。
vecteezy
deviantart
dryicons
freevectors
BEIZ
しかしウェブは解像度を気にしないでいいからいいよね〜〜

エレクトーンが壊れました。。。
音色を保存したり読み出したりするのにフロッピーディスク(!!)をつかっているのだけど、そのドライブが壊れたようです(涙)部品が届いたので明日修理に来てくれるのだけど、修理費が2万円(号泣)痛い、痛すぎるっ!!!!!
[PR]
by danwa | 2010-11-12 22:48 | 行った

アルバイトが決まった

日曜日の求人広告に入っていたアルバイト応募に今日、電話をしてみました。今日面接になって、夕方に行ってきました。近所なので自転車で。

そしたら、その場で採用になりました。びっくり。

仕事はウェブ上のペットショップサイトの制作、運営。近所にそのお店の実店舗があって、その片隅でちょこちょこ、という仕事場みたいです。なのでトリミングに来たワンちゃんとか見れるので楽しみ。

初めはパン屋さんとかでバイトをしようかと思っていたけど、今後就職するにあたって、リハビリも兼ねて以前の仕事のような内容に自分を慣らしておきたい気持もあったし、そんなに詳しくないウェブもバイトという立場であれば気軽に勉強できるかな、と思ったのです。それになにしろ近所っていうのが魅力!自転車で7分位だから!!!!!

就職活動であまりいい結果が続いていないので、今回の事でまだ自分を活かせる場所はあるんだな、と自信になった。でもこれはあくまでもリハビリ。ここはゴールじゃない。諦めないで納得いくまで就職活動するんだ。
[PR]
by danwa | 2010-09-27 22:45 | 行った

9月11日 帰国

また来たい
あっというまに帰国の日になりました。まだ日の上がらない真っ暗の中、ボーズマン空港へ。昨日、12日が私の誕生日だと話をしたらスティーブさんからハックルベリーチョコレートの誕生日プレゼントを頂きました。うれしい!!
a0008599_13243340.jpg

甘酸っぱくておいしいです


スティーブさんに別れを告げてボーズマン空港を後にしました。。。


旅を終えて
見た事のない風景、光、闇、風…沢山の思い出がありすぎて言葉にまとめるのは難しい。どの場所も甲乙つけがたく、どこもスペシャル。それこそ「プライスレス」な感動ばかり。今回スティーブさんという心強いガイドさんと一緒にまわれた事で、ただ「観光」するだけではなく、生態系や生物学、アメリカの歴史や文化、本当に沢山の事を教えてもらいました。そいういう知識をもって見る風景はまた違って見えていたのだと思います。アメリカ、と聞くとニューヨークやロスを思い浮かべるけど、一度は国立公園に足を運んでいただきたい!とくにイエローストーン!

準備期間約1年、多くの人の協力のお陰でこんな素晴らしい旅が出来た事、感謝します。スティーブさんと旅が出来て本当によかったです。本当にどうもありがとうございました!

YGA(リニューアル!)
アズトラベル

☆おまけ☆

オレの土産…これかよ…(すごく不機嫌)

[PR]
by danwa | 2010-09-24 13:27 | 行った

9月10日 見学最終日

私のブログ
アメリカに着いた日、スティーブさんに「今もブログは続けていますか?」と聞かれた。私は「ええ、続けてますよ」と気軽に答えたけど、…???私ブログ書いてる事言ったっけ???改めて聞いてみたら、2月に東京駅で会った時の日記をたまたま検索したら見つけて、記事の内容と写真からこれは私に違いない!と確信したそうです。実生活で会う人にこのブログの存在は話してないからさ…すごく恥ずかしかった。。。なのでこの旅行記も読んでるかもしれない。ね、スティーブさん!!!!!

朝からロウワーガイザーベイスンを見学したあとに、1時間程ハイキングをしました。どこでもそうですが、車道から少し入っただけでもう森。小川が流れる絵のような森です。ここでも様々な発見があります。


川の中から木の化石!!


クマの爪痕



クマよけスプレー。クマに直接スプレーします


ウェストイエローストーンへ
ウェストエントランスから公園の外へ。これでイエローストーンともさようならです。エントランスを出るとウェストイエローストーンという街があります。ここから公園に入る事をお勧めしている旅行本が多いけど、スティーブさん曰く、この側にあるウェストイエローストーン空港は冬になると閉鎖されるのでボーズマン空港を利用する方をお勧めするとのこと。

ここで軽くランチをかねたフリータイム。の前に、「Death in Yellwstone」という本を買いに行くため、街の本屋さんに行きました。そのなの通り、イエローストーンで命を落とした人の話をまとめた本。スティーブさんがすごくおもしろい本だと話をしてくれたので是非読みたいと思ったのです。熊にアタックされた人、間欠泉で亡くなった人、などなど。ちなみにベストセラーになっているそうです!またもランチはサラダバーを食べ、街をしばし散策。。。車道がとても広くて(冬の積雪に備えて広い)観光の街にしてはとても落ち着いた静かな街という印象でした。
a0008599_1210034.jpg

墓石が表紙…


スティーブさんお気に入りの本屋。店内ぎっしり本だらけ!


ボーズマンに戻る
いよいよ明日の帰国を前にして空港のあるボーズマンに戻ってきた。宿泊はコンフォート・イン。このホテル、大手2大スーパーの駐車場の中にあるので、車がなくてもスーパーに行きたい時に行けるし、しかも飲食店も周りに多いのでとても便利。といっても駐車場と言ってもとてつもなく広いので、徒歩で何往復もするのは疲れてしまいます。

スーパーは楽しい
一度行ってみたかったウォールマート!!!!!食料品はもちろん、レジャー用品から拳銃まで何でも売っているまさに「スーパー」マーケット。ここも広い。。。軽自動車走れるくらい通路が広い!これ欲しい、と思ったら迷わずカートに入れておかないとまた戻るのがえらい面倒。
a0008599_12501375.jpg

ウォールマートに

a0008599_1250357.jpg

庶民的なKマート


ドレッシング、パンケーキミックス、グラノーラ、スパイスなどなど。サラダを主に食べていたので色んなドレッシングを食べる機会があって、そのなかでも「Ranch」というドレッシングが好みだったので、買ってみました。日本では食べた事のない味。白くてトロンとした白い液体で緑のネギ?っぽいものが入っている。シーザーサラダドレッシングとはちょっと違うし、何が入ってるんだろうと調べてみたらサワークリーム、バタークリーム、マヨネーズが主原料のようです。これも脂肪がたっぷりだから美味しいんだ…(汗)
a0008599_125789.jpg

a0008599_1341475.jpg


バッファローウィング
夜ご飯はApplebee'sというお店で食べました。老若男女、お客さんが沢山でした。最後の晩ご飯だしやっぱりバッファローでしょーーということでボーンレスバッファローウィングを注文したのだけど、食べたらお肉が白い。あれ?白身のお肉だっけ?まそいういうのもあるのか(んなわけない)と深く考えずに食べました。後で調べたらバッファローウィングというのは鶏肉をホットソースで味付けしたアメリカ料理のことなんですって!!!!知らんかった!!!

右奥がバッファローウィング


明日は4時起きです

[PR]
by danwa | 2010-09-24 13:05 | 行った

9月6日 イエローストーン 2日目→グランドティトン国立公園へ

スーパー8っていいね
スーパー8ガーディナーにはフロントに毎朝簡単な食事が用意されています。パン、ミニマフィン、コーヒー、ジュース、シリアル、牛乳など。こういう気軽な朝食もいいものですね。
前夜、周辺にクマが現れたそうで、外出する時は気をつけてね〜という趣旨の張り紙が出入り口にはってあった。そのしたには「クマがキスをした」というマークが。残念ながらそのクマにはあえませんでした。

Super 8 Gardiner
702 Scott Sr. West Hwy 89/PO Box 739 Gardiner, MT 59030-0739

ガラスにキスマーク



マンモスホットスプリングへ
この日はマンモスホットスプリングエリアのTerrace Mountain(テラスマウンテン)に行った。Terrace=段丘、段々畑という意味の通り、地中から吹き上げられた温泉に含まれている炭酸カルシウムが溶けて→冷えて→固まる(結晶になる)を繰り返して出来た段々畑のような場所。

大体こういう結晶が蓄積されて大きな塊になるのは、鍾乳洞を例にすると何百年に数センチというとてつもない歳月をかけて少しずつ出来上がる物だけど、ここは何と1年に1m、3年間で今の状態に成長したそう。それだけ炭酸カルシウムが固まりやすい条件(気温、気候、濃度、噴出量など)がそろっているというわけだ。このテラスの側にも生まれたばかりの赤ちゃんみたいなのがあって、周辺は常に衰退と成長を繰り返すテラスでいっぱい。

この形、面白い。人間には作り出せない形、色



観光客の問題
ここも観光名所の一つで大型バスが朝から沢山到着していた。この場所に限らず、立ち入り禁止の場所に平気でずかずか入っている人を何人か見た。残念ながらみんなアジア人。アメリカの国立公園は遊歩道のように木道はあるものの、柵をしている場所を見なかった。だから入ろうと思えば簡単に入れるんだよね。景観を守る意味や野生動物保護の意味があるのだろうけど、何があってもあなたの責任ですよ(だから覚悟の出来ない人はこないでください)というような、本人の意志・モラルにゆだねますという考え方が強いのだと思う。そこらへんの認識の違いや甘さがこういう事態を引き起こしているのかなぁ〜と思った。

ま、いくら本人のモラルにゆだねます、といっても、見つかれば警察に捕まります。この日も捕まって事情聴取されておりました。同じアジアの人間としてとても残念。でも普通にみてもなによりも「危険」だと思うんだけど!土地はいつも活動しているわけで、いつどこがシュワーッと熱くなって吹き上げてくるか分からないんだから!地獄谷の中を手探りで歩いているようなものです。


温泉について
「温泉」と聞くとすぐ「入湯」と思い浮かべるけど、イエローストーンには自然保護のため温泉施設はありませが、公園内に2カ所だけ「露天風呂」があります。川の中に…
露天風呂と言っても適温に保たれるようになっているわけではなく、熱水が川に流れ込んでくる場所で、自分で適温の場所を探す、という実に原始的なもの。なので「冷っ!あ、熱っ!冷っ!」というおもしろい状態になるそうです。入る時はもちろん水着着用で!

こんな雄大な景色が続きます



まだまだ見学は続きます
Upper Falls アッパー滝。落差33m。水がうねって吸い込まれそうです。
a0008599_1143687.jpg



Lower Falls ロワー滝。 落差94m。アッパー滝の何十倍もすごい。滝というよりはなんか地球の割れ目から水が流れ落ちているというような、規模が桁違い!
a0008599_1142450.jpg



昼ご飯はキャニオンビレッジでチリビーンズ。撤退したウェンディーズの味を思い出しました。



クマのベッド
その後は「クマの巣」の観察へ。冬眠中の寝床です。車道から徒歩で森へ入ること約20分、そこに巣がありました。
a0008599_1142633.jpg

一歩道から外れるともう森です


クマの巣!


もう動物はいなかったので、中にこっそり入らせてもらった。案外中は広くて、食べ残しやフンはなくきれいでした。そして一番奥には寝床らしいクマの体に合わせたようなくぼみのある場所があった。冬眠にはとても居心地の良さそうな場所だった。クマの冬眠はとても浅く半分目が覚めているような状態で、反対にネズミの冬眠はとても深く、眠っているネズミをキャッチボールしても目覚めないほど深いそうだ。そして冬眠中は一度もトイレにいかないそうです!

花もまだ少し咲いています



バイソンが側を通った
グランドティトンに向かう途中でバイソンに遭遇しました。側で見ると本当に大きくて足音や鼻息を直に聞いてとても興奮した!




突然のアクシデント
これからいよいよ第2の国立公園、グランドティトンへ!…の前に実は「John D. Rockefeller, Jr. Memorial Parkway」別の国立公園を通過します。なので今回の旅は3つの公園を訪れたことになります。

a0008599_11161563.jpg

この写真を最後に私のデジカメが壊れました…



美しいジャクソン湖の側を通って本日の宿泊地ジャクソンレイクロッジへ

明日に続く。
[PR]
by danwa | 2010-09-16 11:27 | 行った

9月5日 イエローストーン見学 その1

今日も快調
私は時差ぼけにほとんどならない。飛行機内の照明の通りに寝て、起きて、食事して、現地の時間に合わせて一晩寝て太陽の光を浴びたらもう体内時計は現地時間になってしまう。これはかなり便利です。


イエローストーンとは
イエローストーンは北アメリカ最大の火山地帯。そう火山、山なのだ。どのくらいの高さかというと大体八ヶ岳と同じくらい、海抜1900m。少し走るとなんとなく息するのが辛い感じがします。面積は四国の半分と同じくらい。1872年に世界で最初に国立公園として認定されました。四国の半分が公園ってすっごい規模!

a0008599_534917.jpg

青いポイントがイエローストーン


上がイエローストーン国立公園、下が後日行くグランドティトン国立公園


自然の前で人間は無力です
この日も快晴、体調ばっちりでイエローストーンの上の方、北側を観光(というより見学のほうが正しい感じがする)に行った。

後ろの石の門がルーズベルトアーチ、右が乗せてもらった車。
両方とも小さく見えますが、大きいです。門なんかとてつもなく大きいです。


もう広い、広い、広い。土地も広ければ、空も広い。何もさえぎる物がない。それだけで大感動。山が迫ってくる、空がこんなに大きかったとは!雲がこんなに大きかったとは!そんな何のひねりもない当たり前の言葉ばかりが出てきた。





車で走っているとすぐにバイソンを発見しました。

おぉぉー!バイソン!…ん?ちっちゃくね?
違います。土地が広すぎて巨体のバイソンが豆粒みたいに見えるんです。日本とはスケールが違うのでどの位奥にいるのかとかそういう感覚がまったくつかめないのです。そんな基本的な事が分からないのがまた新鮮。

運転しながらスティーブさんは「あ、みさごが飛んでいます」「あそこにワシがいます」と次々にみつけていきます。「えっ?どこどこ?」と言っているあいだにどこかに飛んで行ったり通り過ぎてしまったり。この道20年のベテランガイドさんの目は違います。

途中でコヨーテがバイソンの肉を食べている所に出会いました。もうリアル「野生の王国」。コヨーテが血で染まった口でバイソンの肉をびよーんと引っ張って食べたりする所が見れました。す、すごい。ここは動物園ではありません。野生動物が住人で人間は訪問者。見させてもらっているだけなんです。


イエローストーンのグランドキャニオン(Grand Canyon of the Yellowstone)と呼ばれる所。1万年の間に浸食されてできた深い渓谷。流れる川はイエローストーン川。その壁をみると、柵のようにみえるところがあります。これは火山で流れ出たマグマが固まった場所。急激に冷えてかたまるとこのような結晶になるのだそう。なのでこの渓谷をみると今までに何回火山があったのか分かります。なんとなくマグマが固まった場所は素人目にも他の素材と違う事が分かりました。4回?かな?

a0008599_1242125.jpg

タワー滝。この滝は観光ポイントになっているらしく、駐車場やお土産やさんも完備されていた。スティーブさんにここのアイスクリームがおいしいと教えてもらったのでワイルドベリーのアイスを食べてみたら「おいしーーーっ!」自然の味で濃厚。だけど後味がとてもすっきりしている。ぺろっと大きなカップを食べてしまいました。このアイスはリビングストンという側の街で作られているそうです。おいしいよーー!!

美味しいのは脂肪がたっぷり含まれているからですね(汗)


バイソンの姿を見ただけで雌か雄かすぐに判断出来るのが不思議だったので、どうして分かるのか聞いてみたら、今頃は雌を巡る雄の権力争いに決着がついた時期で、争いに勝った雄は雌の群れと一緒にいて、負けた雄は群れをなさずに寂しく一匹で佇んでいるので、一匹でいるのは雄、というわけだ。

彼は負けてしまった雄です


ちなみに「バイソン」と「バッファロー」は同じ動物。バイソンは名称で学術名がバッファローです。至る所でバイソンステーキやバイソンバーガー、スーパーにはバイソンの生肉が売っていました。これはもちろん自然界のバイソンではなく食肉用に育てられたバイソンの肉。そのバイソン牧場、テレビ局のCNNを作ったTed Turner(テッド・ターナー)という人が経営をしているそうで、ほとんどはその牧場から来た肉だそうですよ。

a0008599_995345.jpg

おれん家のバイソン、一度食ってみなっ

検索していたらTed's Montana Grillって店が引っかかりました。これも彼の経営してるお店。

というわけで晩ご飯はホテルの前にあったHateful Burger(ヘイトフルバーガー)でテッドターナー牧場のバイソン肉バーガーを食べました。味は牛肉っぽいです。何も言わないで出されたら普通の牛肉バーガーだと思ってしまうと思います。アメリカのハンバーガーを食べたのはこれが初めて。なんというか、力強い食べ物でした。

ポテトはもちろんアイダホ産(だと思う)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2010-09-15 12:05 | 行った

9月4日 成田→ソルトレイクシティー→ボーズマン

この日も日本は暑かった…
いつにも増して暑くて朝からげっそり…イエローストーンから帰る頃には少しは涼しくなっているだろうか?成田へは一つ隣の駅から直通のバスが出ているのでそれに乗って約2時間。長い旅の始まり。


早速忘れ物
今回の全フライトはデルタ航空。デルタ航空は数年前ノースウェスト航空と合併したんですねー。私が初めてアメリカに行った時はノースウェスト航空でした。成田から乗換地のソルトレイクシティーまでは約11時間。右回りで太平洋の上を飛んで行きます。長い飛行時間の間に、さらっとおさらいをしようと用意をしていたガイドブックと資料をそっくりそのまま家に置いてきました。あーーーあ、私って、、、バカーーーッ!!



Simiの助言
快適な空の旅を一旦終え、11時35分ユタ州のソルトレイクシティーに到着。さぁ、ひんやりとした風に深呼吸…と思っていたらまた暑い!飛行機の中で現地は24℃とか言っていたのにーー。日本とほとんど変わらない暑さ。





次のフライトまで5時間余あったのでダウンタウンに移動。私が行こうと思っていた所に到着すると多くのお店が工事中。運転手さんが「近くにGatewayっていう新しいショッピングモールがあるからそっちのほうがいいよ」と勧めてくれたのでそちらに行ってみました。

新しいだけあってとてもきれいで、衣料品や飲食店が沢山入っています。観光客よりも地元の人っぽい家族連れが沢山いてみんなのんびりと買い物をしたりアイスクリームを食べたり。お店も少し覗いたけど、日本に店舗がある店もあって(アバクロとかフォーエバー21とか)なんかレイクタウンっぽかった。滞在時間約2時間、暇つぶしにちょうどいい場所。暑くて耐えられん。





ユタ州で思い出すのはケント・デリカット(って人、けっこういない?)遠視眼鏡が自分の体の一部のように馴染んでいる人は彼が未だにトップでしょう!「ユタ バカ ニ スルナヨー」とかよく言っていたよな。こんな土地に住んでるんだなぁ〜なんてほんわか思いながら後にした。


今はユタで貿易の仕事をしているらしいです。



この小さな飛行機でボーズマンに行きます。



ボーズマン空港到着
ソルトレイクシティーから約1時間20分、ギャラティンフィールド空港に18時32分到着。イエローストーンの玄関でもある空港にふさわしく、木を多用した暖かみのある建物でホテルのロビーのようでとても素敵。到着ロビーでスティーブさんが笑顔で迎えてくれました。出迎えがある旅ってうれしいですねーー。今年の2月に東京で会ってからはや7ヶ月。あっという間でしたねぇ〜なんて話をした。




ウッディーな建物の中にクマのブロンズ。



お久しぶりです、スティーブさん!



モンタナ州にあるボーズマン。アメリカの中でもとても評判の良い街で、ゆったりのんびりとした雰囲気のきれいな街。小麦栽培が主要産業の一つで、日本にも沢山輸出しているそう。
またここの高校が最近大々的な改修工事を終え、学食の内容も一新。メニューには日本っぽい「カレー」や「お寿司」があるそうです。いいですね〜〜、あと生姜焼き定食とカツ丼があれば完璧。
この日はイエローストーンの上の方、北側の街ガーディナーのホテルに移動、途中スーパーに寄ってホテルへと向かいました。


宿泊はスーパーエイトガーディナー。清潔で快適。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2010-09-14 08:33 | 行った

いよいよ

明日からイエローストーンに行ってきます!
なんだか全然「ぉぉぉぉおおおおおおっーーー!」みたいな高揚感がなくて、鬼怒川辺りにちょっくら行ってくるような気分です、ははは。現地ではスティーブさんが準備万端で待っていてくれているそうです。ほほほーーやっぱり楽しみだお。

12日に帰ってくるんだけど、その頃には少しは涼しくなっているかな。。。。
それでは熱中症に気をつけて皆さんお元気でーーー!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2010-09-03 22:05 | 行った


半径2m以内の出来事日記。


by danwa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自己紹介

2007年7月より「抑うつ」になりました。2009年3月に「抑うつ神経症」に病名変更。2009年11月に「神経症」になりました(うつは治まったらしいです)。2010年8月を最後に通院終了。今後は予防療法を模索して行こうと思っています。

こよなく愛するモノ:エレクトーン、グレープフルーツ、ふくちゃん(一緒に住んでるうさぎ)、バート・バカラック、ビリー・ジョエル、80〜90年代洋楽。

訪問させてもらっているブログ:
Someday
Blueberry Yogurt Parfait

カテゴリ

全体
思った
見た
食べた
行った
だらだら
エレクトーン
買い物
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧