2週間ぶり、クリニックへ行った。

いつもは金曜日にクリニックへ行っているのだけど、先々週は用事があって、水曜日に行った。
そしたら担当してくれたのは、最初に見てくれていた院長先生でもなく、感じの悪い女医でもなかった。
名前を呼ばれて、部屋に入ると、「どうぞ〜」と言うその男の先生。

チャラいのだ。

今まで何人かの男性の先生に見てもらったことはあるけど、みんなネクタイを絞めて、白衣のボタンはきちんと止めている人ばかりだった。けど、そのチャラ男(おそらく30代後半?)は、ノリのきいたワイシャツは着ているものの、ボタンは第2ボタンまで開け、白衣のボタンは全てはずしている。とどめは髪型。ジェルだか何の整髪料つけてるのかしらないけど、ウエッティなのだ。

うっ、こいつは信用ならん。もう二度とみてもらうまい、と一瞬にして思ったのだが、、、

チャラ男「もうこの薬飲んで長いですよね、調子はどうですか」

私「う〜ん、最初の頃よりかは良くなってると思いますが、最近は正直あまり良くなっている感じはしません。」

チャラ男「じゃ、薬変えてみましょうか。効かない薬飲んでてもしょうがないでしょ」

私は、「あ、この先生、いいかも」とその場で思った。そうなんだ、効かない薬飲んでてもしょうがない、そんな当たり前の事を言ってくれる先生がいなかったのだ。
私は薬を変えたかった。このクリニックに転院してきた時も変えたい事を伝えたけど、急に変えるのは良くない、と言われて、デジレルが追加になっただけだったし、感じの悪い女医は調子が悪いと言ったら、パキシルを追加しようとした。私はなんかそれって違うんじゃないのかな、と思って拒否をした。なんでもかんでも追加されるのはいやなのだ。そしてこのチャラ男に担当してもらい、ついに私の念願が叶った訳だ。

トフラニールを処方してもらい、少し調子がいいかも、と思える日が出てきた。ソラナックスを止めても特に問題はなかった。

そして今日。チャラ男指名で受診。
調子がいい時もあるけど、急にドキドキしたり不安感が出てきたりする事、試験が控えていてその影響なのか、薬の影響なのか分からないけど、こんな調子なんです、ってことを話したら、ちゃんときいてくれて、長年飲んできたトレドミンは今日でやめ。トフラニールのみになった。そしてドキドキしたり不安な時は、レキソタンの代わりにソラナックスを頓服として飲んでください、とのことだった。

なんかすごく新鮮ーーー!!!
先生だって私に合う薬は私が飲んでみないと分からない。それにチャレンジしてくれるのがとてもうれしい。でも何となくこの薬で行けそうな気がする。

クリニックを変えたり、先生を変えたりするのは面倒だし、勇気がいるけど、そうする事によって開ける道もあるのだな、と思った。しばらくはチャラ男にかけてみるぜ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-07-01 22:23 | 行った


半径2m以内の出来事日記。


by danwa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自己紹介

2007年7月より「抑うつ」になりました。2009年3月に「抑うつ神経症」に病名変更。2009年11月に「神経症」になりました(うつは治まったらしいです)。2010年8月を最後に通院終了。今後は予防療法を模索して行こうと思っています。

こよなく愛するモノ:エレクトーン、グレープフルーツ、ふくちゃん(一緒に住んでるうさぎ)、バート・バカラック、ビリー・ジョエル、80〜90年代洋楽。

訪問させてもらっているブログ:
Someday
Blueberry Yogurt Parfait

カテゴリ

全体
思った
見た
食べた
行った
だらだら
エレクトーン
買い物
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧