昨日はクリニックへ行った。

いつもの主治医は不在で、代わりに何か感じの悪い女医が担当になった。話すのがめんどくさいくらい、疲れていたので、ジプレキサを止めたお陰で調子がめちゃめちゃ悪い事だけ話をして、診察は2分くらいで終わった。薬はいつもと同じものを処方された。

その後、カウンセリング。
気分が沈んでいると、どうしても暗い話ばかりになる。それをカウンセラーも辛そうな顔をして聞いてくれる。辛い話を辛い顔で2人で話をしていると辛さが倍に感じるような気がする。本当にこのカウンセリングって、効果あるんだろうか?最初に、「心の整理をつけるお手伝いをします」と言われたけど、これって、わたしの心の整理になってるんだろうか?

いつもだったら診察が終わったら調剤薬局に寄って、まっすぐ帰るのだけど、なんだかちょっとふらっとしてみたくなって、デパートの地下に行った。疲れている時はなんか美味しいものでも食べてみようかな、と思ったのだ。白玉ぜんざいを3つ買って帰った。

電車に乗っている人がみんな楽しそうに見えた。
これから飲みにいくような人、習い事にいくような人、同僚か、友達か、なんか楽しそうに話をしている人。こういうのを見ていると、私は消えたい、って思うようになる。死にたい、とは思わない。消えたい、って思う。私の存在自体が無かった事にして欲しい。私の事を知っている人の記憶から私の部分だけ消して欲しい。

家に着くと、いつもは出迎えない母親が飛び出してきた。
「あぁ、よかった、どこにいっていたのよ、あぁぁぁぁぁ〜〜」と母親は泣き出した。デパートに寄って帰る事を知らせなかったのがよくなかった。最近私が調子が悪い事が分かっているので、悪い事を想像して、いてもたってもいれなかったみたいだ。母親は私の帰りが15分でも遅いと心配するようになった。それをうっとおしい、なんて思わない。申し訳ないと思う。帰りが遅いだけで、こんな状態になる母親、私がもし万が一の事があったらどうなっちゃうんだろう。この人をこれ以上不幸にしてはいけないとおもった。

疲れていたのにも関わらず、金曜日の晩だったので、いけない、いけない、と思いつつ、夜更かしをしてしまった。就寝1時。これがまたいけなかった。せっかくの土曜日が台無し。気分がすぐれなくて、エレクトーンを弾く時間はたっぷりあるのに、全く手がつけられなかった。昼ご飯を詰め込んで、「とりあえず、寝よう。」
2時間程うっすらと眠ったら少し持ち直して、エレクトーンを弾いた。今練習しているのは「荒野の七人」。これぞ西部劇、というような壮大な曲。決める所をびしっと決めて弾けるとすごく気持がいい。なんか荒野の七人をみたくなった。西部劇は絶対正義が勝つからいい。「友情」とか「誇り」とか、「団結」とか、「思いやり」とか。アメリカのいい所が沢山詰まっているように思う。

今晩は早く寝よう。
そして早起きをして、軽くストレッチをしよう。
そしてエレクトーンを弾くんだ。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-05-30 21:51 | 行った


半径2m以内の出来事日記。


by danwa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

2007年7月より「抑うつ」になりました。2009年3月に「抑うつ神経症」に病名変更。2009年11月に「神経症」になりました(うつは治まったらしいです)。2010年8月を最後に通院終了。今後は予防療法を模索して行こうと思っています。

こよなく愛するモノ:エレクトーン、グレープフルーツ、ふくちゃん(一緒に住んでるうさぎ)、バート・バカラック、ビリー・ジョエル、80〜90年代洋楽。

訪問させてもらっているブログ:
Someday
Blueberry Yogurt Parfait

カテゴリ

全体
思った
見た
食べた
行った
だらだら
エレクトーン
買い物
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧