会社の掃除のおばさんのこと。

前にも書いたけど、会社が入っているビルに掃除のおばさんがいる。
何人かいるんだけど、2人だけ顔なじみになった人がいる。
ひとりは眼鏡をかけていてすごくぶっきらぼうなおばさん。でも多分いい人。
もうひとりは笑顔が素敵でいつも私の事を「マシュマロちゃん」と呼ぶ(恥ずかしー)

先週、仕事中にどうしてもいられなくなって、とりあえず、職場をでた。
一人になりたい。。。休みたい。。。さてどこにいこう。。。
ビルの一番上まで行ってみた。屋上に出れてあまり人がこなさそうだったから。

上まで行くと、屋上に出る扉には「出入り禁止」の張り紙がしてあった。
あー、だめかー。
でも、一番上の階はオフィスもなくて静かだったので、しばらくそこにうずくまっていた。

そしたら扉の向こうから声がして来た。
あれ、出入り禁止なはずなのに、誰か来る。。。。
扉の向こうから来たのは、ぶっきらぼうおばさんとマシュマロおばさんだった。

ぶ「あら、あんた、どうしたのよ、こんなところで」
マ「具合悪いの?顔色がよくないよ、熱があるんじゃないの?」
私「たまに調子が悪くなるんですよ。。。」
ぶ「調子悪いんだったら帰してもらいな、体に悪いよ」
私「でも、まだ仕事あるんですよ。」
私「そうだ、このビルの中で人がこない所ありませんか?」
ぶ「この場所はあまりこないけど、機械室があるから、その管理のおじさんがくるんだよ」
マ「そうだ、お姉ちゃん(マシュマロおばさんはぶっきらぼうおばさんの事をお姉ちゃんと呼んでいるらしい)、あっちの階段はどう?」
ぶ「あぁ、あそこだったらいいかもね。。。」
ぶ「こっちだよ、来な」

おばさん達の後についていくと、長い廊下の先に扉があって、そこを開けると薄暗い階段があった。いつも使っている階段とは別にもう一つこのビルには階段があった。

ぶ「ここだったら、使うのは私たちだけだし、大丈夫だよ。もうちょっと下に下がるといすがあるからそこにすわってるといいよ」
私「助かります、ありがとうございました」

おばさん達は薄暗い階段を下がって消えていった。

私はしばらくそこに座り込んでうずくまっていた。
空気がひんやりとして、薄暗くとても静かだったので、気持が落ち着いて来て少し楽になった。
私はまた職場に戻った。

おばさんたちのやさしさに触れて、ほっこりとした気持になって
なんとかその日はやり過ごした。

おばさん、ありがとう。
また使わしてもらうかもしれないけど、
このことは内緒にしていてください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[PR]
by danwa | 2009-04-18 22:52 | 思った


半径2m以内の出来事日記。


by danwa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

2007年7月より「抑うつ」になりました。2009年3月に「抑うつ神経症」に病名変更。2009年11月に「神経症」になりました(うつは治まったらしいです)。2010年8月を最後に通院終了。今後は予防療法を模索して行こうと思っています。

こよなく愛するモノ:エレクトーン、グレープフルーツ、ふくちゃん(一緒に住んでるうさぎ)、バート・バカラック、ビリー・ジョエル、80〜90年代洋楽。

訪問させてもらっているブログ:
Someday
Blueberry Yogurt Parfait

カテゴリ

全体
思った
見た
食べた
行った
だらだら
エレクトーン
買い物
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧